INTRODUCTION

偉大な教育者であった故・齋藤秀雄氏没後10年にあたる1984年、小澤征爾の呼びかけにより世界で活躍する同門が一堂に集い、メモリアルコンサートを行いました。そこで生まれたサイトウ・キネン・オーケストラが母体となり、小澤征爾総監督のもと、オーケストラとオペラを2本の柱とする音楽祭、サイトウ・キネン・フェスティバル松本(SKF)が1992年9月に始まりました。23回目となる2014年は、齋藤秀雄氏没後40年、サイトウ・キネン・オーケストラ30周年の記念すべき年となります。

オーケストラ コンサートは、2007年以来2度目となる小澤征爾指揮「幻想交響曲」とモーツァルトの「グラン・パルティータ」(指揮者なし)です。昨年からスタートした「サイトウ・キネン・フェスティバル松本Gig」には、マーカス・ロバーツ・トリオと第42回ローザンヌ国際バレエコンクール優勝者、二山治雄が出演。小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラと共演します。

オペラは、ディヴィッド・ニース演出によるヴェルディ「ファルスタッフ」です。指揮者のファビオ・ルイージが小澤征爾総監督の強い要望を受けてSKFに初登場します。今回ファルスタッフ役を初めて歌うクイン・ケルシーをはじめ世界で活躍する実力派キャストによる、ヴェルディ最後の傑作オペラ・ブッファをお楽しみください。

室内楽の演奏会「ふれあいコンサート」は2公演を、後藤和子、島田真千子、小熊佐絵子、今井信子、宮田大、フィリップ・トーンドゥル、ラス・デルーナ、ウィリアム・ハジンズ、キャサリン・ハジンズ、ステファン・レヴェッキ、鹿野智子、ジュリア・パイラント、猶井正幸、勝又泰、工藤すみれ、石川滋、加藤知子、渡辺實和子、店村眞積、原田禎夫、イズー・シュア、ジャック・ズーン、吉野 直子の出演で、さまざまな編成のアンサンブルをお送りします。さらにマーカス・ロバーツ・トリオによるコンサートが2005年以来9年ぶりに、そしてマーカス・ロバーツのソロ・リサイタルが初めて行われます。

まつもと市民芸術館との共同制作、ストラヴィンスキー:「兵士の物語」は、昨年初演された同館芸術監督串田和美によるプロダクションを、一部キャスト、演奏者を変えてお届けします

「教育プログラム」もフェスティバルの大切な柱です。今年も奥志賀で「サイトウ・キネン室内楽勉強会~金管アンサンブル~」を行い、発表会を開催します。長野県内小学校は6年生対象の「子どものための音楽会」は小澤征爾、宮本文昭の指揮でベートーヴェン「第九」を8公演、長野県内中学校1年生対象の「青少年のためのオペラ」、「ヘンゼルとグレーテル」をピエール・ヴァレーの指揮で4公演、昨年に続き一般向け1公演を行います。
また、恒例となった、松本城公園での歓迎合唱「お城deハーモニー」や、県外からの参加者も含めて総勢3,000人による「吹奏楽パレード」と国宝松本城本丸庭園での「合同演奏会」は、フェスティバルの大切な一ページです。

今夏、松本の豊かな自然とともに国際音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」をどうぞお楽しみください。

※小澤征爾の体調は回復期にありますが、万が一指揮できない場合は、別の指揮者が指揮をいたします。入場料金の変更や払戻しは行いませんので、あらかじめご了承の上、チケットをお買い求めくださいますようお願いいたします。

The 2014 Season

08

1 2
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20212223
24252627 28 2930
31

09

1234 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

The 2014 Season