Seiji Ozawa Profile小澤征爾 プロフィール

小澤征爾
Photo by Shintaro Shiratori

中国のシャンヤン(旧奉天)生まれ。幼いころからピアノを学び、成城学園中学校を経て、桐朋学園で齋藤秀雄に指揮を学んだ。

1959年、ブザンソン指揮者コンクールで第1位を獲得。当時ボストン響の音楽監督であり、このコンクールの審査員であったミュンシュに翌夏タングルウッドに招かれ、その後、カラヤン、バーンスタインに師事、シカゴ響ラヴィニア・フェスティバル音楽監督、トロント響音楽監督、サンフランシスコ響音楽監督を経て1973年にボストン交響楽団の第13代音楽監督に就任、29年という長期にわたって務め、世界最高のオーケストラのひとつに育てた。2002年秋には、ウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任、2010年春まで務めた。

1978年には、中国政府の公式招待により中国を訪問、以来、中国とは深い関係を築いている。日本においては、1992年より始めた国際的音楽祭“サイトウ・キネン・フェスティバル松本”、実践を通して若い音楽家を育成するための“小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト”および“小澤征爾音楽塾オーケストラ・プロジェクト”を中心に活動を展開、新日本フィル、水戸室内管の指揮台にも登場している。

また、2005年にはスイスにヨーロッパにおける音楽学生を対象にしたSeiji Ozawa International Academy Switzerland を設立、さらに、2011年には、アジア圏の優秀な学生に門戸をひろげるため NPO 法人小澤国際室内楽アカデミー奥志賀を設立している。これまでに、フランス・レジオン・ドヌール勲章オフィシエ、日本国文化勲章をはじめ国内外で数多くの賞を受賞。

2013年のサイトウ・キネン・フェスティバル松本では、オペラ「こどもと魔法」(ラヴェル)を、またジャズピアニスト大西順子トリオとサイトウ・キネン・オーケストラの初共演で「ラプソディー・イン・ブルー」(ガーシュイン)の指揮をし、聴衆の大喝采を浴びた。

前のページへ戻る

8月

next

1 2
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20212223
24252627 28 2930
31

prev

9月

1234 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30